ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who Series 12 Serial1- Robot 2

シンクタンクの取材でサラが目撃した巨大ロボットが軍の備品倉庫を襲撃に関係しているのではないかと疑うドクターとブリゲディアとサラ。

f:id:Miyelo:20190618140701j:plain

シンクタンクに忍び込んだサラは巨大ロボットと遭遇する。しかし、所員にこのロボットは掘削など人間に困難な仕事を肩代わりすることを目的として作ったロボットで人間を傷つけることはないと言われる。ロボットには創始者であるケットウェル教授によって人間を傷つけてはいけないとプログラムされていたが、シンクタンクの所員に暗殺任務を命じられてしまい、混乱してケットウェル教授のもとに助けを求めに来る。一方、ロボットの様子がおかしいとケットウェル教授から助けを求める電話を受けたドクターは教授を訪ねるが、そこでロボットに攻撃される。

 

相変わらずのんびりモードのドクター。あんまり根詰めることなく、夜にはちゃんと寝ちゃうというのもなんだか新鮮。ロボットは人間に振り回されてなんだか気の毒なことに。ロボットに一人で会いに行っちゃったドクターに「あのバカッ!なんでも一人で対処できるって思ってるんだからー」とサラにぼやかれるっていう。サラって、3rdドクターに対しても"あのバカ!"呼ばわりしていたのかしら。あと、考え込むとフリーズするドクターの癖にも慣れてるブリゲディアがいい感じ。

f:id:Miyelo:20190618140744j:plain

 人を傷つけてはいけないというプログラムと人を殺せという指令の間で苦悩するロボット。サラが心配した通り、相当ストレスになっている感じでちょっとかわいそう。

<