ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who and the Face of Evil

 ⭐️⭐️⭐️⭐️

Doctor Who and the Face of Evil

Doctor Who and the Face of Evil

 

あらすじ

神を冒涜した科で超えたものは誰一人戻ってこないと言われる境界線の向こう側に追放されたリーラは森の中でドクターと出会う。

 

リーラから彼女の部族が信仰しているクサノンという神の話と悪魔の話を聴き、高度な科学技術の存在を疑う。話している間にリーラの暗殺を企む追ってにおいつかれ、ドクターはリーラを逃し、自らは捕まって部族のリーダーと直接話すチャンスを狙う。ドクターはリーダーのアンドアに部族の抱える問題の解決を手伝えると申し出るが、神官のニーヴァがデタラメとドクターの言葉を突っぱねようとする。そこにリーラがドクターを助けに戻ってくる。リーラと共に森の中に逃れたドクターはリーラたちが”悪魔“とよぶ存在の顔を見て、自分がこの場所にきたことがあるらしいと悟るが全く記憶にない。しかし、通信機からニーヴァを呼ぶ自分の声らしき声をきき、ドクターはある仮説を思いつくが...

 

感想

リジェネレーションした後は新しい自分に慣れるまでしばし時間がかかるらしく、その間にやらかしてしまったドクターの失敗。記憶にもあんまり残っていないというのだから厄介だ。それでもまぁ、このおかげでリーラちゃんという最強のコンパニオンと巡り会えたのだから、いいか!(←ドクター至上主義)

 

Never be too certain of anything. It’s a sign of limited intelligence.

 

<