ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who : Sword of Orion

 8代目ドクター、ポール・マッギャン(Paul McGann)主演。

Main Range 17: Sword of Orion (Unabridged)

Main Range 17: Sword of Orion (Unabridged)

 

 Part1

ラムジーが衰弱がひどくヴォルテックスに戻そうにもコンソール・ルームまでつれていくこちができない。ドクターはラムジーの治療に役立つものが見つけられるかもしれないとギャリソンのバザールへ向かう。

 

リサイクル・ショップで2人が役立つものを物色していると、店主のアイクがこっそりと逃げ出す。チャーリーはターディスを盗むつもりではと疑い、ドクターとチャーリーは慌ててターディスを停めた港の倉庫へと引きかえすが、その2人の目の前でターディス輸送船ヴァンガードに積み込まれてしまい、2人は慌ててターディスを追ってヴァンガードに潜り込む。無事にターディスを見つけられたものの、ヴァンガードの加速ぶりに不審を抱いたドクターはターディスでチャーリーと脱出しようとする。しかし、ヴァンガードが急ブレーキをかけたタイミングと価値あってしまい、ターディスの中にエネルギーが充満してしまい、元に戻るまで外に出ていなければならなくなる。ターディスの外はまた宇宙船の中だった。ここがヴァンガードがリサイクル品として回収しようとしていたスターデストロイヤーという戦艦である。時間つぶしに散策に出かけるドクターとチャーリー。しかし、乗り込んできたヴァンガードの乗組員の悲鳴がターディスを置いてきた方向から聞こえ、慌てて引き返す。

 

Part2

ドクターとチャーリーはターディスのそばに倒れている瀕死の重傷を負ったキルシーを見つける。手当をしようとするが、そこへ仲間のグラッシュとチェフが来て、ドクターとチャーリーがキルシーを殺したと思い込み2人を捕らえる。艦長ジェンセンの命令でヴァンガードに連れていかれた2人はキルシーを殺していないことを主張。その時、通信信号が感知されたとヴォルからジェンセンに報告。ジェンセンはドクターを疑うが、ドクターは素早く動く何かを見つけており、急速に移動しているという次のヴォルの報告からそれが信号の発信元とわかる。今度はエネルギー漏れも感知され、ドクターは原因を探る手伝いを申し出る。ドクターの提案受け入れたジェンセンにグラッシュは反感を抱き、銃を使ってジェンセンを脅し、ヴァンガードを侵入したものの正体を探るため、ギャリソンに戻ろうとするがエンジンがかからない。原因を探るため、ドクターとジェンセンはスターデストロイヤーに向かうが、そこでサイバーマンに襲われる。

 

Part3

スターデストロイヤーでの調査を続けていくうちに、イオン・ストームでサイバーマンの冬眠装置に不具合が生じたとわかる。人間のパーツが使えなくなったため交換できる部品を探そうとしている。サイバーマンのリーダーも目覚めているのを目撃したドクターはサイバーマンに見つかる前にジェンセンを連れてターディスで船から脱出することを考える。しかし、サイバーマンに気がつかれ、ヴァンガードに引き返す。一方グラッシュの命令でエンジンの不具合を探るためエンジン・ルームに降りたチャーリーとヴォルはサイバーマットを捕獲。しかし、得体のしれぬ侵入者にグラッシュが殺されたとチェフが泣きながら駆け込んでくる。しかし、すぐにグラッシュがその侵入者は倒したとすぐに現れる。チャーリー達と合流したドクターとジェンセン。サイバーマンについて説明し、ジェンセンは脱出のための指揮をとる。チャーリーとクルーからグラッシュの話をきいたドクターはグラッシュがサイバーマンに操られている可能性があると指摘。さらにドクターは秘密めいたジェンセンの正体に興味を持つ。

 

Part4

ヴァンガードのクルー達がサイバーマンに捕らえられていくなか、ドクターとチャーリーはジェンセンがスパイであると知る。8年前、アンドロイドが人間と平等の権利を主張し、人間と交戦状態に入った。ジェンセンの任務はサイバーマンと人間の間で同盟を結びアンドロイドと戦うことだ。しかし、ジェンセンの正体はアンドロイドで本来の任務はサイバーマンが人間をサイバーマンに変換する技術で、その技術でアンドロイドのために戦うサイバーマン軍を作ろうとしていた。そこへサイバーマンがチャーリーを捕らえる。さらにイオン・ストームが直撃し、ドクターも意識を失う。

 

感想

感情を持ったアンドロイドと人間がそれぞれサイバーマンを戦争に利用しようとする。設定としては興味深いのだが、そこを理解するまでがややこしく、ストーリーを楽しむという余裕が持てなかったのが残念だ。感情を持つことが良くも悪くも大事ということなのか。ジェンセンの正体をクライマックスに持ってくるのではなくそれを知った上でのドクターの行動が見たかったような。嵐のお陰でドクターは難しい決断をすることを避けられた。それが今ひとつカタルシスを得られなかった原因かもしれない。

 

私の好み度:⭐️⭐️⭐️/5

<