ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who Series 27 Episode 1 - Rose

ドクター・フーの正史であるTV版の復習をかねて、英語字幕にて再視聴。感じたことの覚書。再視聴なのでネタバレまくっています。

 

Huluにて視聴可能 (2019年3月26日時点)

www.happyon.jp

 

 あらためて見直すと色々と感慨深いものがある。タイム・ウォーで全てを失い、ウォー・ドクターからリジェネレーションしたてのドクター。 当人もこれからどうしたらいいか分からなかったんだろうなぁなんて。

 ローズに対しても最初はそっけなかったのに、ローズが話を聞いてくれて、しかも命がけで助けようとしてくれて。ローズと一緒なら、元の生活に戻れると思ったのかもしれない。故郷のガリフレイは消えたって、昔みたいにターディスで旅を続ければいいや、ってそう思ったのかもしれない。ローズがいかないと言った時のあのショックを受けた表情ったら。 久しぶりに心開いちゃったら、もう寂しいのが抑えられなくなったって感じだったのかしら。

Doctor: Do you believe me?


Rose: No. 
Doctor: But you're still listening. 


Rose: Really, though, Doctor. Tell me, who are you? 


Doctor: Do you know like we were saying about the Earth revolving? It's like when you were a kid. The first time they tell you the world's turning and you just can't quite believe it because everything looks like it's standing still. I can feel it. The turn of the Earth. The ground beneath our feet is spinning at a thousand miles an hour, and the entire planet is hurtling round the sun at sixty-seven thousand miles an hour, and I can feel it. We're falling through space, you and me, clinging to the skin of this tiny little world, and if we let go. That's who I am. Now, forget me, Rose Tyler. Go home.

 はじめてみた時、このセリフでドクターに引き込まれた。この人はどういう存在なんだろうと興味を持った。

Clive: The Doctor is a legend woven throughout history. When disaster comes, he's there. He brings the storm in his wake and he has one constant companion.

Rose: Who's that? 


Clive: Death.

  ローズはこの会話をするより先にドクターと実際に話しているから、不吉の前兆みたいに言われてもピンとこなかったのかもしれない。ドクターもまぁとばっちりで災難に巻き込まれていることがほとんどだから、こう言われるのも気の毒だなぁって思うんだけど...。

Doctor: No. Oh, no. Honestly, no. Yes, that's my ship. That's not true. I should know, I was there. I fought in the war. It wasn't my fault. I couldn't save your world! I couldn't save any of them!

  ドクターと戦争。TV版だけをみているとドクターと戦争ってあんまり結びつかなくて、タイム・ウォーの間どうしていたんだろうってよく気になっていたなぁ。最前線で戦っていたとかセリフでたまに出てきても全然想像がつかなかった。すごく辛かったろうなぁとかそんなこと思ってた。

 Rose: I've got no A Levels, no job, no future. But I tell you what I have got. Jericho Street Junior School under 7s gymnastic team. I've got the bronze!

 実はあんまりピンときていなかったのですが、このシーンでローズが好きになりましたねぇ。

Doctor: Nestene Consciousness? Easy.


Rose: You were useless in there. You'd be dead if it wasn't for me. 


Doctor: Yes, I would. Thank you. Right then, I'll be off, unless, er, I don't know, you could come with me. This box isn't just a London hopper, you know. It goes anywhere in the universe free of charge. 


Mickey: Don't. He's an alien. He's a thing.


Doctor: He's not invited. What do you think? You could stay here, fill your life with work and food and sleep, or you could go anywhere.


Rose: Is it always this dangerous?


Doctor: Yeah.


Rose: Yeah, I can't. I've er, I've got to go and find my mum and someone's got to look after this stupid lump, so.


Doctor: Okay. See you around.

  ドクターはローズに助けてもらったのがすごく嬉しかったんだろうなぁ。タイム・ウォーで誰も救えなかった自分のことを嫌悪していただろうし、自信喪失もしていただろうから、あの瞬間のローズの勇気にすごく感化される部分があったんじゃないかなと思った。ローズと一緒ならまた"ドクター”になれるって思ったのかなぁとか。 

Doctor: By the way, did I mention it also travels in time?

 えーっと、ドクター、自分がうまくターディス操作できないので正確なタイムトラベルはできないっってこともちゃんと言っとくべきだと思うよ! 久しぶりにみたら、"ドクター、そこ黙ってたら詐欺みたいなもんやん”とか思っちゃった。

ドクター・フー SeriesI VOL.1 [DVD]

ドクター・フー SeriesI VOL.1 [DVD]

 
<