ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who Series 27 episode 2 - The End of the World

英語字幕にて再視聴開始。再視聴なので存分にネタバレしています。

 

www.happyon.jp

Rose: Where are we? What's out there?
Doctor: You lot, you spend all your time thinking about dying, like you're going to get killed by eggs or beef or global warming or asteroids. But you never take time to imagine the impossible, that maybe you survive. This is the year five point five slash apple slash twenty six. Five billion years in your future, and this is the day

Doctor: This is the day the Sun expands. Welcome to the end of the world.

 ドクターがローズを最初につれていったのが地球が宇宙からなくなる日。単純にローズの挑発にのって、ローズを驚かしたかったのか、ガリフレイの消滅を見届け、次に自分と関わりの深い地球の最後を見たとき、自分がどんな気持ちになるのか知りたかったのか。それともローズに自分の境遇を疑似体験してもらいたかったのか。

Rose: How long's it got?


Doctor: About half an hour and then the planet gets roasted. 


Rose: Is that why we're here? I mean, is that what you do? Jump in at the last minute and save the Earth?


Doctor: I'm not saving it. Time's up.


Rose: But what about the people?


Doctor: It's empty. They're all gone. No one left.


Rose: Just me, then.

 地球は大往生なんだから悲しむことなんて全然ないって言いたげなドクター。もうガリフレイさえ存在しないんだから.....なんてことも頭の中では思っていたかも。

Raffalo: And where are you from, miss? If you don't mind me asking.


Rose: No, not at all. Er, I don't know. A long way away. I just sort of hitched a lift with this man. I didn't even think about it. I don't even know who he is. He's a complete stranger.

 どんどん心細くなっていくローズ。ここでドクターとはぐれたら、地球すらもない宇宙に取り残されるってことだけど、ドクターが必ず自分を気にかけてくれるっていう保証もどこにもないわけで。ドクターと旅をすることがどれほど途方もないことか実感をともなってじわじわと身にしみてきたんだろうなぁ。

Rose: Where are you from?


Doctor: What does it matter? 


Rose: Tell me who you are! 


Doctor: This is who I am, right here, right now, all right? All that counts is here and now, and this is me.


Rose: Yeah, and I'm here too because you brought me here, so just tell me.

 タイムロードであることを案外ドクターは隠してたことってない気がする。スーザンと旅をしていた頃は余計な注目を引きたくないからか、タイムロードであることも地球人でないことも隠そうとしていたけど、その他であえて身元を隠そうとしてたことって意外にないような。私の記憶違いかもしれないけれど。

 ガリフレイが当たり前に存在している頃は、ドクターにとって故郷ではあるけれども同時に苛立たしい存在でもあって、だからこそとどまることもなくターディスで旅を続けていた。もちろんガリフレイがピンチになれば必死に守ろうとしていたけれど、でも友好的関係だったとはあんまり言い難いイメージ。でも、ガリフレイが消滅してしまって、本当の意味で孤独な存在になってしまったドクター。自分でも処理しきれない複雑な気持ちが渦巻いていて、他人にそこをつっつかれるのが嫌でたまらなかったんだろうなぁ。だからすぐ怒る。

Rose: That was five billion years ago. So, she's dead now. Five billion years later, my mum's dead.


Doctor: Bundle of laughs, you are.

 ローズがジャッキーと電話で話すシーンはすごく泣ける。ただでさえ心細くてホームシックにかかってただろうし、あんな場面で母親と話したら、安心と心細さが一挙に襲ってきて心の中がぐちゃぐちゃになっちゃいそう。ローズはジャッキーを永遠に失う日がくるなんて、それまでの人生で真面目に考えたこともなかっただろうし。でもドクターはローズがそんなこと思っているなんて全然ピンときてない感じ。

Jabe: And what about your ancestry, Doctor? Perhaps you could tell a story or two. Perhaps a man only enjoys trouble when there's nothing else left. I scanned you earlier. The metal machine had trouble identifying your species. It refused to admit your existence. And even when it named you, I wouldn't believe it. But it was right. I know where you're from. Forgive me for intruding, but it's remarkable that you even exist. I just wanted to say how sorry I am.

 ドクターが涙をこぼすという衝撃。地球最期の日が訪れる頃にはもう誰もタイムロードなんて覚えてないっていうぐらい、ガリフレイが滅びてから時間が経っているってことなのかな。タイム・ウォーがいつ起こって、いつガリフレイが滅びたのか謎だけど、でももうそういう扱いになっているっていうことを知るのもドクターきっと辛いよね。

Doctor: Jabe, you're made of wood.


Jabe: Then stop wasting time, Time Lord.

 タイムロードと呼ばれた時のドクターの嬉しそうな顔。タイムロードという言葉を人の口からきいたのも久しぶりだったのかも。ちょっぴり昔のドクターに戻れた瞬間かな。

Rose: Help her. 
Doctor: Everything has its time and everything dies.

 カサンドラを嫌っていたローズが助けてあげてと頼んでも、動かないドクター。自分だけがまだ生き残っていることの憤りがカサンドラに向けられてしまった印象。

Rose: The end of the Earth. It's gone. We were too busy saving ourselves. No one saw it go. All those years, all that history, and no one was even looking. It's just

 ローズからしてみれば地球と自分が重なってしまった部分もあったんだろうと思う。誰からも顧みられない。ひどくちっぽけな存在。でもローズの言葉はドクターに響いたと思う。ガリフレイもタイムロードが失われても誰も気にしてない。ドクターもそんな風に感じていてやるせなかったんだと思う。

Doctor: You think it'll last forever, people and cars and concrete, but it won't. One day it's all gone. Even the sky. My planet's gone. It's dead. It burned like the Earth. It's just rocks and dust before its time. 


Rose: What happened?


Doctor: There was a war and we lost. 


Rose: A war with who? What about your people? 


Doctor: I'm a Time Lord. I'm the last of the Time Lords. They're all gone. I'm the only survivor. I'm left travelling on my own 'cos there's no one else.


Rose: There's me. 


Doctor: You've seen how dangerous it is. Do you want to go home?

 ローズとドクターがロンドンに戻ってきて、いつもの日常がなんてことないように目の前で繰り広げられていて、地球の終わりをみたことなんて単なる夢だったかのようにも思えてくる。でもあれは実際に起こったことで、いつか起こることで。
 もうローズが以前とは同じ眼差しで自分の日常を見られないのがよくわかるシーン。奇跡のようにキラキラと輝いている日常。そしてドクターの告白。宇宙でたったひとりきり取り残されることの心細さを味わったばかりのローズにはドクターの気持ちが痛いほどよくわかっただろうから。危険はわかっていても、そんな思いを抱えている人を一人ぼっちにはしておけない。そんな優しさもローズにはある。

Rose: I don't know. I want. Oh, can you smell chips?


Doctor: Yeah. Yeah. 


Rose: I want chips.


Doctor: Me too. 


Rose: Right then, before you get me back in that box, chips it is, and you can pay. 
Doctor: No money.


Rose: What sort of date are you? Come on then, tightwad, chips are on me. We've only got five billion years till the shops close.

 ローズだってドクターとこのまま一緒に旅をすることに怖さがなかったわけではないと思う。でもドクターを一人にしたくないという気持ちが勝ったんだろうし、先のことを不安に感じて怯えるよりも今この瞬間の日常を大切に味わいたいという思いも強かったのかなと思う。

 

"We've only got five billion years till the shops close."

って言ったローズって、なんかすごく可愛くて好き。

<