ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who: Terror Firma

8thドクターとチャーリーとケリスの冒険

Terror Firma (Doctor Who)

Terror Firma (Doctor Who)

 

 

 

 時間のない世界から元の世界にもどったドクターとチャーリーとケリス。しかし3人を出迎えたのはダーレクだった。ドクターはチャーリーとケリスの安全を保証する条件でダーレクが要求してきたダブロスとの会話に応じる。

 ケリスとチャーリーはドクターと引き離され牢屋に閉じ込められるが、突如壁が爆破され、レジスタンスに助けられる。一方、ダブロスはドクターに自分がダーレクにならないよう助けて欲しいと持ちかけてくるが。

 

 これがタイム・ウォーの怖さということになるのだろうか。いつの間にか自分の時間軸を書き換えられていたドクター。それにずっと気がつけなかったというのは....そもそもタイムロードはパラドックスがおこってもどっちも記憶としてもっているとかそういう、なんいうか干渉を受けないものだとばかり思っていた。

 チャーリーと出会うまえに一緒に旅をしていたというサムソンとジェンマ、この二人の記憶が完全にドクターから消えていたというのは衝撃だ。 つまりチャーリーと出会ったのはダヴロスの干渉があってからの時間軸となるので時間のない世界での話はその時間軸上では起こったということで...。ええっと???

 ドクターが思い出したというだけで、時間軸が修正されたとかではないので。あの世界でおこったことはおこったこととしてカウントしていいんだよな???

  ケリスがなんか不気味! あっちではラシロンの息子で、こっちではダーレクの皇帝候補。 ケリスはケリスのままだったけれど、最期に妙にダークな一面を....。

 

どうなるんだろう???

 

私の好み度: ⭐️⭐️⭐️⭐️/5

<