ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who Storybook 2007-The Cat Came Back

 ハイパースペースの旅に人類がはじめて挑んだ宇宙船を見学にきたドクターとローズ。ところが11人いるはずのクルーがどこにも見当たらない。ようやくクルーの一人を見つけるが、そのジョナという若いクルーはひどくおびえた様子で彼女に見つかる前にここから逃げろと二人に警告する。

f:id:Miyelo:20190328112706j:image

 

 前人未到のハイパースペースの旅に人間自ら乗り出すために、その前に実験として一匹の猫を小型のロケットに乗せてハイパースに向けて飛ばしていた。食べ物や水や空気が尽きればそのまま死ぬしかない片道切符の旅。友人宇宙飛行の前に動物を乗せてロケットを飛ばしたというのは現実に行われた実験だ。その動物たちの心情を思うとどうしても辛い。

 この話では実験で宇宙に飛ばされた黒猫ミッジーが人間に報復をしようとする。ミッジーがそうなったのには別のエイリアンの介在があるのだが、最終的にミッジーはローズの飼い猫だったと判明する。エイリアンのコントロール化から解放され普通の猫にもどったミッジー。ローズとドクターはローズの過去にもどり、そっと、ミッジーを放す。「パフィンはある日ふらりと彷徨い込んできたの。ママは何度か追い出そうとしていたけど、そのたびに戻ってきて。結局うちで飼うことにしたの。それから5年間、亡くなるまで一緒だったわ」とローズがドクターに話す。

 タイラー家の猫専用の扉はこの子のためでしたか!っていう。

 宇宙に飛ばされた動物たちもさぞかし地球に戻りたかっただろうなと思うと、どうしても悲しい結末しか待ってないと思ったのだけど、ミッジーが地球に戻れたことにちょとほっとできた。

f:id:Miyelo:20190328112607j:plain

私の好み度:⭐️⭐️⭐️

<