ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who : The Ninth Doctor Chronics - Disc2. The Window on the Moor

クリストファー・エクルストン (Christopher Eccleston )演じる9代目ドクター(2005年)とビリー・パイパー(Billie Piper)演じるローズ・タイラー(Rose Tyler)の冒険。

f:id:Miyelo:20180902123516j:plain

あらすじ

ドクターとローズはロンドンに到着するが人通りが途絶えていることに困惑する。少し通りを散策するが、人々は建物内に閉じこもっており、上の窓から覗く顔をたまに見かけるが、皆一様に怯えていた。

 すると広場から悲鳴が聞こえ群衆が逃げてくる。後ろからマスケット銃を持った軍隊が人々を追い立てていた。混乱の中でローズとドクターははぐれてしまう。ローズは若い軍服姿の男に腕を掴まれ引っ張られるようにして混乱の中を脱出。ドクターはローズを探している最中に軍に捕まり、他の大勢と共にガラスの牢獄と呼ばれる場所へと連行されていく。ローズを助けた男はアレクサンドラ公爵といい、王だった父親が他界し、王位を継承することになったが叔父のジュリアンが反旗を翻し、アレクサンドラの婚約者エイダは囚われ、アレクサンドラも命を狙われていた。一方ドクターはガラスの牢獄の中でガラスの壁に導かれるようにして牢に捕らえられているエイダの元にたどり着いていた。ドクターはエイダを連れてガラスの牢獄からの脱出を試みるが。

 

感想

ガラスの都市から他のパラレルワールドに抜けることができる。しかし、行ったり来たりを繰り返すと繋がる全ての世界が壊れてしまう...と言われるとなんとなくDooms Dayを連想してしまった。アレクサンドラとエイダの悲しい別れはどうしても10thとローズの別れと重なるなぁと思っていたら、この話で連想すべきはエミリー・ブロンテだったらしく、言われてもピンとこない己の教養の無さぶりをひとまず反省。9thとドクターの冒険譚の1つとしてはちょうどいい感じのお話。

 

私の好み度:⭐️⭐️⭐️⭐️/5

<