ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who : The Tenth Doctor Chronicles - Disc1. The Taste of Death

 デイヴィッド・テナント (David Tennant) 演じる10代目ドクター(2006年〜2009年)とビリー・パイパー(Billie Piper)演じるローズ・タイラー(Rose Tyler)の冒険

The Tenth Doctor Chronicles (Doctor Who)

The Tenth Doctor Chronicles (Doctor Who)

  • 作者: Matthew J. Elliot,James Goss,Helen Goldwyn,Guy Adams,FoxYason Music Productions,Tom Webster,Jake Dudman,Jacqueline King,Jon Culshaw
  • 出版社/メーカー: Big Finish Productions Ltd
  • 発売日: 2018/06/30
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

あらすじ

ドクターとローズはリゾート惑星MXQ1に休暇に訪れる。まずは銀河一のレストランを訪れるが、そこで出された肉料理に異様な執着をみせるローズに不審を覚えるドクター。

 見れば他の客も取り憑かれたように同じ肉料理を食べている。チーフ・シェフのオレンティーノに事情をきくと、どんな種族も匂いや味の虜になってしまうらしい。オレンティーノはここにシェフとして雇われ、”怖い”という言葉を残して行方不明となった兄のクゥエスを探すため、シェフとして職場に潜り込んだという。ドクターとローズはオレンティーノの兄探しを手伝うため、ドクターとローズは潜入し、それぞれに探る。シェフとして潜り込んだドクターはオレンティーノと共にクゥエスの足取りをたどる。

 

感想

読み手がテナントさんではないので、正直購入を悩んだのだが思いの外10thドクター感を楽しめた。ドラマ形式ではなく朗読だったのも抵抗感なく受け入れられた大きな理由の一つだとは思う。何よりも読み手のジェイコブさんが10thドクターの熱狂的ファンなだけあって、ローズやドクターの雰囲気を本当にうまく再現してくれていて本当に感謝だ。ストーリーもシーズン2の中の1エピソードと言われてもまったく違和感のない内容。最初は楽しく、転がるように事態は緊迫、スリリングに展開し、そしてラストはちょっぴりほろ苦い。迫り来る運命についてまだ何も予感していない頃のローズとドクターの冒険として十分に楽しめた。プラス、嬉しかったのは冒頭とドクターの締めくくりのセリフのあとに流れる10thドクター時代のテーマ曲。ドクターの冒険のあとにこの曲が聴けるのは10thドクターファンにとっては、やっぱり最高の贅沢だ。

 

私の好み度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️/5

<