ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who : A Small  Semblance of Home

1代目ドクターと孫娘のスーザン、イアン・チェスタトン、バーバラ・ライトの冒険。スーザン役のキャロル・アン・フォードが朗読。

f:id:Miyelo:20181019170510j:image

あらすじ

近頃のドクターは取り憑かれたようにターディスで移動しては外にでて植物を採取しては調べるということを続けていた。あまりの慌ただしさにバーバラはすっかりまいってしまう。

 

少しでも故郷を思い出せるものがあればと思うが、ここでは日付や時間の感覚を保つのも難しい。そんなバーバラを心配したイアンがドクターに少し旅を休憩しようと提案するが、ドクターは聞き入れない。しかもイアンがなぜ自分があちこちで植物を蒐集しているのかその意味をまったく理解していないことに怒りだす。3人の険悪ムードを心配するスーザン。次にターディスが着地した場所は緑豊かな美しい星で4人の気持ちも向上する。しかもドクターはついに捜し求めていた植物を見つけ、採取をイアンに手伝ってもらう。しかし、その間にバーバラとスーザンが何ものかにさらわれてしまう。

 

感想

ドクターの行動が理解できないイライラとホームシックがついに頂点極まって爆発寸前のイアンとバーバラ。ドクターも短気なので説明を端折っちゃうのでなかなか溝が埋まらない。それだけに、ラストでドクターのこれまでの行動の真の目的がわかった時、ドクターのことがますます大好きにならずにはいられなくなる。どんなピンチも機知で切り抜けるドクターも最高にかっこいい。なにか胸にきゅんときてしまうステキなストーリーだった。

 

私の好み度:⭐️⭐️⭐️⭐️/5

<