ドクター・フーで英語の壁殴り中

英国のSFドラマ”Doctor Who”の小説やオーディオドラマを攻略中

Doctor Who - Hall of Ten Thousand

8th ドクターとチャーリーの冒険。 

f:id:Miyelo:20200127130239j:plain

 

 

 ドクターはチャーリーを惑星オーレの軌道に浮かぶ「テン・サウザンド」という博物館につれていく。そこはミレニアという作家の10万秒戦争で命を落とした兵士たちの彫像で埋め尽くされていた。ドクターはミレニアと話をしたがるが、すでに営業時間を過ぎているので不可能と警備員に断られる。そこでドクターはチャーリーとターディスで営業時間に移動する。そこでドクターとチャーリーは展示された彫像に関する恐ろしい事実を知ることになる。

 

 戦争の不毛さと、目の前にいる生き地獄で苦しんでいる人たちと、しかしそのおかげで救われた命があるという事実の間でドクターが下す苦い決断。タイムトラベラーってやっぱり辛い。「Silence in the Library」や「「pain,pain,pain...」も想起させられ、一段と胸が痛くなる。短編でありながら、とんでもなくヘビーパンチャーな作品。でもとっても"Doctor Who"らしい。 今まさに攻略中のコンビでこの二人はいま私が聴いている段階では別次元の世界でターディスを失ったとんでもない状況の中にいるので、苦いとはいえ8thドクターとチャリーが普通にターディスで冒険しているお話が聴けて嬉しい。

 

好み度: ⭐️⭐️⭐️⭐️/5

<